「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために

サーモカメラコンソーシアム幹事企業各社の製品 (左)日本コンピュータービジョン「SenseThunder」シリーズ,(中央)アイリスオーヤマ「顔認証型AIサーマルカメラ」,(右)ダイワ通信「FACE FOUR+」
サーモカメラコンソーシアム幹事企業各社の製品 (左)日本コンピュータービジョン「SenseThunder」シリーズ,(中央)アイリスオーヤマ「顔認証型AIサーマルカメラ」,(右)ダイワ通信「FACE FOUR+」
─現在の市場をどう捉えていますか?

我々もメーカーとして調査会社に依頼することはありますが,実はサーモカメラの市場を第三者的にきちっと比較している資料はまだありません。サーモグラフィ全体の市場なら日本で280億円くらいといった数字はありますが,例えば額に照射するような一点型のハンディのものや,工業目的で使われているものも含まれています。我々が対象としているカメラ画像を使って体温を測定するサーモカメラの市場はまだ立ち上がって1年くらいなので,なかなかその規模を公正な評価軸で見ることができていないのが現状です。

 JCVという立場でいうと,我々はもともと画像解析の会社で,ビルの顔パス入場ができるシステムなどをメインに扱ってきました。サーモカメラはコロナ禍になってから急遽始めた事業ですが,親会社がソフトバンクで多くのお客様にアプローチできるという環境もあって引き合いを多くいただいています。今回の幹事会社であるアイリスオーヤマ様,ダイワ通信様と合わせるとシェアのかなりを占めることになるということもあって,この3社で声がけして進めています。

─これからの活動予定があれば教えてください

 先ほど申しましたとおり,まずは賛同会社を募っていくとともに,有識者への声がけと,3つのガイドラインについてさらに精査を進めていくというのが,直近一番にやらなくてはいけないことだと思っています。その後は環境づくり,基本的にはガイドラインや測定の環境の提供と,それを広く世の中に啓蒙していく,このふたつの活動が軸になってくると考えています。

後者の啓蒙に関しては,Webサイトの拡充やイベントへの出展,セミナーでの講演といった活動をこれから平行してやっていくことになると思います。

(月刊OPTRONICS 2021年7月号)

同じカテゴリの連載記事

  • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
  • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
  • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
  • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
    CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
  • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
    第三回「人工光合成研究チーム」
    (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
  • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
    第二回「多接合太陽電池研究チーム」
    (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
  • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
    第一回「有機系太陽電池研究チーム」
    (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
  • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日