光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性

◆石川 将也(イシカワ マサヤ)
映像作家/グラフィックデザイナー/視覚表現研究者
1980年生まれ。
慶應義塾大学佐藤雅彦研究室を経て,2006年より2019年までクリエイティブグループ「ユーフラテス」に所属。
科学映像「NIMS 未来の科学者たちへ」シリーズやNHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」「2355/0655」の制作に携わる。
2020年独立。デザインスタジオcog設立。
研究を通じた新しい視覚表現手法の開発と,それを用いて情報を伝えるデザイン活動を行っている。
最新作「Layers of Light/光のレイヤー」が令和2年度メディア芸術クリエイター育成支援に採択された。
2019年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学科 非常勤講師。
https://www.cog.ooo

色鮮やかな蛍光の図形が跳ねるように踊る。スクリーンに浮かぶ映像はミニマムかつ記号的で,どこか懐かしい気もする。角度を変えると光のレイヤーが互いに干渉しあい,不思議な立体感が立ち上がる。

クリエイターの石川将也氏は,偶然見出した蛍光の現象を新たな映像表現へと昇華し,展示を通じて公開した。そこには作品を超えた応用の可能性も見え隠れする。誌面ではモノクロでの紹介となるが,この作品の本質はカラーと動画で観ないと分からないだろう。インタビュー最後のリンクで,是非その世界を実際にご覧頂きたい。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
    • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
    • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日