宇宙戦争─熱線の謎─

火星に生命,あるいはその痕跡があるかどうかということは,僕たち人類にとっての大きな関心事の一つである。火星の過酷な環境を考えると,高等な生命体が存在する確率は低いけれども,何らかの有機体が存在する可能性は十分にあるらしい。今後,火星探査がいよいよ本格化するから,真実はじきにわかるに違いない。どんな発見があるのか,今からワクワクしてしまう。

火星の生命体といえば,火星人を思い浮かべてしまう。頭でっかちでヒョウヒョロとした足の,タコのような体型の火星人のイメージは,イギリスのSF 作家,H. G.ウェルズが1897年に発表した小説「宇宙戦争」によるものだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 動体視力という視力 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年06月11日
    • 何かに見えるということ─パレイドリア─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年05月10日
    • にんじんケーキの彩りの謎 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年04月11日
    • 油の虹は雨上がりに現れる 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年03月12日
    • 光に関する忘れ物 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年02月12日
    • 金魚に騙される─立体という幻─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年01月10日
    • アトを超えるもの 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年12月12日
    • 白い虹 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年11月10日