PR
超短パルスレーザーシステムで熱レンズ効果を最小化する

超短パルスレーザーシステムで熱レンズ効果を最小化する

超短パルスレーザーは,その短いパルス持続時間と高いピークパワーから,材料加工から医療用レーザー,そして非線形イメージングや顕微鏡学まで,広範なアプリケーションに最適だ。しかしながら,超短パルスレーザーはとりわけ熱レンズ効 […]

レーザー用光学部品の選定には,他の光学アプリケーションとは異なる考え方が求められます。その際に必要となる用語や仕様についてエドモンド・オプティクスが連載形式で解説します。

全26件中 1〜10件目を表示

図4 DIC顕微鏡は像面で光路長の勾配を強度の違いに変換し,他の測定法では検出するのが困難なレーザー誘起損傷の可視化を可能にする

測量法⑵

図4 DIC顕微鏡は像面で光路長の勾配を強度の違いに変換し,他の測定法では検出するのが困難なレーザー誘起損傷の可視化を可能にする セクション3:微分干渉コントラスト顕微鏡法 微分干渉コントラスト(Differential […]
図1 キャビティリングダウン分光計は,共振器キャビティ内の強度減衰率を測定することで,絶対強度値を直接測定する測量法より高精度な測定を可能にする

測量法⑴

測量は,光学部品が要求される仕様に一貫して適合し,安全に機能することを確実にするうえで極めて重要になる。この信頼性は,ハイパワーレーザーを利用するシステム,もしくはスループットの変化がシステム性能に支障をもたらす場合にと […]
図1 高分散ミラーや他のパルス圧縮用オプティクスは負の分散を発生させ,超短パルスレーザーが光媒体を透過する際に生じる正の分散を打ち消す

高分散ミラー

図1 高分散ミラーや他のパルス圧縮用オプティクスは負の分散を発生させ,超短パルスレーザーが光媒体を透過する際に生じる正の分散を打ち消す 1. はじめに 超短パルスレーザーシステムの多くの光媒体に導入されている正のチャープ […]