光を用いて研究や仕事をする人々の話を聞いています。「光のユーザー」という立場の人からの意見を聞くことで,新たな発見があることを期待しています。

全83件中 1〜10件目を表示

光プラスαの技術で水中ビジネスを加速させる!

光・レーザー関連機器開発を手掛けるトリマティスが2024年に設立20周年を迎えた。 代表を務めているのは島田雄史氏だが,2004年に島田氏を含む3名で起業したのが始まりだったという。会社名はその3を意味するtriと光の三 […]

学術と産業の架け橋となり,更なるイノベーション創出を

◆久間和生(キュウマ カズオ) (一社)レーザー学会 会長 【経歴】1977年:東京工業大学大学院 博士課程電子物理工学専攻修了(工学博士),同年三菱電機株式会社入社。 中央研究所配属,人工網膜チップ等の研究開発と事業化 […]

芽から幹への成長が期待される面発光レーザーの産業化

◆伊賀健一(イガ ケンイチ) 東京工業大学 栄誉教授/元学長 広島県呉市出身。 1959年広島大学附属高校卒。1963年東京工業大学理工学部卒。1968年同大学院博士課程修了(工学博士)。 東京工業大学教授,同図書館長, […]

パワー半導体とイメージンセンサーの両輪で挑んだ日本市場の一年とは

生き馬の目を抜く半導体業界において,パワー半導体とイメージセンサーに注力するオンセミは成長著しく,その戦略と動向が注目される一社だ。我々は昨年9月に日本法人代表取締役の林孝浩氏に話を伺っている。コロナ禍から産業が再始動し […]

事業のフォーカスの中で,将来を見据えて盛り立てるのが研究の役割

今月号のリーダーズインタビューには古河電気工業・執行役員 研究開発本部長の藤崎晃氏に登場いただいた。藤崎氏は,インタビューの中でも語っているとおり,入社後より一貫して同社におけるフォトニクスの研究や事業を手掛けてきた。 […]