来るべき「スパース社会」に歯止めをかける方策とは

2023 年の合計特殊出生率(一人の女性が一生の間に生む子供の数)は,1.20 と過去最低を更新したそうです。実は,わが国の合計特殊出生率は,失われた30 年に入って長期に低落し,2005年には1.26 と,過去に例のない低い水準にまで落ち込みました。

その後,緩やかに上昇し,2015年には1.45まで戻しましたが,2016 年以降,再び減少を始め,2022年には1.26,そして今回さらに低下,歯止めがかかりません。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 日本の未来に立ちはだかるエネルギー問題 井筒 雅之 2024年06月11日
    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日