光業界に求む,チャレンジ精神

心地よい春風と満開の桜の下で,本文をしたためています(前日は大雨と強風でした)。最近,たまの外出で電車に乗ると,吊り広告や(網棚の奥などの)窓上ポスターが,かなり増えていることに気づきます。

コロナの頃には,ほとんどないこともあったので,やはり,景気はゆっくりながらも回復して来ているのか,と感じます。株価(日経平均)はバブル崩壊前の最高値を超えて4 万円前後となっていますし,企業における賃上げ交渉の結果も,大企業ばかりが目につきますが,非常に好調でした。

ただし,消費者物価は2%程度の上昇に落ち着いて来たとは云え,賃金の上昇は物価上昇に追いつかず,先日発表された実質賃金は23ヶ月連続の低下でした(例えば,JIJI.COM, 2024/04/10)。賃上げ交渉が済んだばかりだし,その成果が大衆の手元に届くには,少なくともあと数ヶ月~半年はかかるらしいです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 日本の未来に立ちはだかるエネルギー問題 井筒 雅之 2024年06月11日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日
    • 巨大企業の社会的影響力 井筒 雅之 2023年10月10日