PR
紫外(UV)レーザー ~より身近になった紫外(UV)レーザーが切り開く新たな可能性~

紫外(UV)レーザー ~より身近になった紫外(UV)レーザーが切り開く新たな可能性~

・高エネルギーのUV光子により,精度と性能が向上 ・従来のUVレーザーは極めて高価で大型だった ・新世代の小型・低価格のUVレーザーがますます身近なものに ・半導体検査,顕微鏡,殺菌の進化に貢献 多くのレーザーオプティク […]

光技術者として日々の研究にいそしむ著者が,これまでの経験や日常を通じて感じる光に関するあれこれを,肩ひじ張らずに綴る人気のコラム。その飄々としたキャラクターも魅力の一つです。

全116件中 1〜10件目を表示

第116話 無量光─何物にも遮ることのできない光─

第116話 無量光─何物にも遮ることのできない光─

もう何十年も前に見た映画なのでうろ覚えなのだけれども,ディズニー映画のピーターパンの中で,ウェンディーという女の子の部屋にピーターパンが自分の影を忘れてしまい,ピーターパンがそれを取り戻しに来るというシーンがあった。 ピ […]

薄暗闇に浮かぶ影

 不覚にも,テニスで自打球を右目に当ててしまった。しばらくは目に強い痛みを感じ,涙がポロポロと止まらない。目をつぶっているのに視覚には白い星がいくつも光っている。強い衝撃のために光視症が起きていたのだ。。 なんとか目を開 […]

4Kの恩恵

 東京では夏のオリンピックが2度,開催された。1度目は1964年。当時,僕はまだ幼い子供だったけれども,白黒テレビで見た開会式や三宅選手の重量挙げのシーンは今でも記憶に残っている。そして2度目の開催は2021年。今や熱帯 […]

赤毛のアンがつくった虹

 「赤毛のアン」を初めて読んだ。僕は,この小説は「夢見る乙女が読む物語」という偏見を持っていて,なんとなく近寄り難いイメージを持っていたのだ。先日,手持ち無沙汰で家の書棚の中から適当に本を引っ張り出したら,それが「赤毛の […]

これは光か

 夜中にふと目が覚めてしまった。雨戸がない部屋に寝ているから,カ ーテンの隙間から月明かりが差し込んではいるが,それでも室内は充分に暗い。なんだか目が痒いので,両目をつぶって親指の付け根でぐりぐりこすったら,一瞬,視界に […]

黒いキャンディはゴムの味?

オランダでは「ドロップ」と呼ばれる黒いキャンディーがまるで国民食のように食べられている。以前,オランダを訪れた時に,スーパーマーケットにこのドロップの専用のコーナーがあって,ポテトチップスのように様々なメーカーの様々なタ […]

光と風と

「みんなのうた」というNHKのテレビ番組が放送開始から60年を超えたらしい。日本人であれば,この番組で放送された曲のいずれかが記憶のどこかに残っているだろう。 僕は「風と光と(スキーの歌)」という曲が忘れられない。「私が […]

栄光と光栄ってどんな光?

子供の頃,僕が住んでいた札幌で冬のオリンピックが開催された。日本が高度成長期であったこともあって,オリンピックに向けて札幌の街は大きく変わった。地下鉄が通り,地下街ができた。石川啄木が「大いなる田舎」と呼んだ札幌は都市に […]

あかりは青かった

年末に自宅のリビングの天井に取り付けてあるシーリングライトのリング型蛍光灯を交換しようとしたら,ソケットの樹脂部分がポロポロと崩れてきた。よく見れば他の部品も黄ばんでいて,強くつまんだらやっぱり壊れてしまう。考えてみれば […]

自撮り考

カメラの主役がスマホになり,デ ィスプレイの側についているカメラ(インカメラ)を使った自撮りが普通の行為となった。僕も,一人で山に登った時などに自撮りを試してみるのだが,どうもうまくいかない。 なんだかしかめっ面になって […]