PR

サブオングストロームの面粗さをどう測定するか?

レーザーシステムにおけるスループットの向上や損失低減に向けた継続的かつ揺るぎない進歩には,とりわけ高出力レーザーや短波長を使用する場合において,散乱を最小限に抑える光学部品が要求される。表面粗さを極めて低いレベルに抑える […]

光技術者として日々の研究にいそしむ著者が,これまでの経験や日常を通じて感じる光に関するあれこれを,肩ひじ張らずに綴る人気のコラム。その飄々としたキャラクターも魅力の一つです。

全103件中 1〜10件目を表示

蝉が見る夏の光

ツクツクボウシが鳴き始めると,遊び呆けているうちに,未だ白紙の夏休み帳の存在が頭の片隅でずんずんと大きくなり出した子供の頃の夏の後半を思い出す。 ツクツクボウシに限らず,夏の思い出には蝉がつきものだ。それは,暑さを増強す […]

暗室のアクシデント

光学実験や写真の現像など,多くの光に関する作業が暗室の中で行われてきた。作業の最中にドアを開けられたり,明かりが点灯してしまったりすると,それまでの苦労が水の泡になってしまう。最悪の場合には装置が壊れてしまう。そんな事故 […]

鵜の目鷹の目

もう何年も前のことだけれども,僕は四国の松山で開催された学会に参加した。せっかくの四国ということで,僕は仲間とともに,大洲市の鵜飼を見に行くことにした。大洲市の肱川(ひじかわ)で行われる鵜飼は日本3大鵜飼として有名なのだ […]

やっぱり百聞は一見に如かず

ピサの斜塔は世界でも最も有名な建物の一つであろう。僕も子供の頃から知っていて,「行ってはみたいけれども,きっと実物を見る機会のないところ」と,ずっと思っていた。 しかし,人生は何が起こるかわからない。幸運にも,その機会が […]

白の効能

昨年末,外出先で我が家の車がガガガという音とともに突然動かなくなった。今時珍しいマニュアル四駆ターボの車を,僕はまだまだ乗り続けるつもりだった。 しかし,レッカ ー車で運ばれた先の整備工場で調べてみると,クラッチが砕け散 […]

トンネルの向こう

3月初旬,スーパーカブ110ccに乗って,1泊2日で伊豆半島を巡ってきた。東伊豆,南伊豆,西伊豆海岸の3月の明るい風景にお腹いっぱいになってしまった僕は,ふと,天城越えをして見ようと思い立った 川端康成の小説「伊豆の踊り […]

明らかになるということ

2019年の末頃,オリオン座に位置する巨星ペテルギウスの輝きが弱まり,いよいよ超新星爆発かも,というニュースが流れていたのを覚えている人も多いだろう。 かくいう僕も,自分が生きている間にこの目で超新星爆発が見られるのかと […]

トイレに咲いた赤い薔薇

家のトイレの窓際に,透明な小瓶に挿した一輪の赤い薔薇が咲いていた。北側窓から差し込む柔らかい光を受けて,まるで微笑みかけてくるように佇むその薔薇に,僕はつい見惚れてしまった。 薔薇の花は,先端がくるっと外側にカールしてい […]

雪女の謎

夜中に顔に冷気を感じて目が覚めた。冬だと言うのに,窓を閉め忘れて寝てしまったようだ。薄暗い部屋の中で,僕はふと雪女を思い浮かべていた。 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)によると,雪女は吹雪と共に現れ,凍えている者に追い討 […]

テニスボールって何色?

つい数年前,テニスボールの色について一つの論争が巻き起こった。 あるユーチューバーが,ネット上で「テニスボールは何色に見える?」と問いかけたのである。    続きを読む    この続きをお読みになりたい方は以下のバナー下 […]