PR

従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ

アクロマティックレンズは,最も一般的に用いられる光学部品の一つ。このレンズは色収差を補正して,少なくとも二つの光の波長を同一焦点上に結ばせるために,歴史的に2枚のレンズ素子を接着固定する構成をとってきた。単一材料の非球面 […]

レーザー用光学部品の選定には,他の光学アプリケーションとは異なる考え方が求められます。その際に必要となる用語や仕様についてエドモンド・オプティクスが連載形式で解説します。

全15件中 11〜15件目を表示

2 / 212