東北大,3次元トポロジカル絶縁体面内p-n接合の動作に成功

東北大学は,3次元トポロジカル絶縁体Bi2-xSbxTe3-ySeyの表面を用いた新しい原理の電流/スピン流の制御機構の動作に成功した(ニュースリリース)。

3次元トポロジカル絶縁体は,物質内部は絶縁体で電流を通さず,表面には金属状態が存在し,電流を流すことのできる新しい絶縁体。この表面状態は質量ゼロのディラック状態として知られており,非常に低散逸な電流とスピン流の生成が可能であることから省エネ素子への応用に向けた研究が行なわれている。

しかし3次元トポロジカル絶縁体では,電流の担い手が電子の物質(n型)と正孔の物質(p型)を組み合わせるとその境界(p-n接合)において,従来のシリコンなどとは異なる原理に基づいた電流とスピン流の制御が起こることが理論から予想されていたが,これまで実験からは観測されていなかった。

今回研究グループは,n型の3次元トポロジカル絶縁体Bi2-xSbxTe3-ySey大型薄膜を物理気相蒸着という非常に簡便で低コストな手法を用いて作成し,さらに,有機分子を蒸着するだけという容易な手法を用いて薄膜の半分の領域に正孔を注入することによって3次元トポロジカル絶縁体p-n接合の作製に成功した。

さらに,この薄膜を用いて電界効果型トランジスタを作製し,薄膜内部の電子数を変化させたところ,p-n接合の制御によって電気抵抗率が劇的に変化することを観測した。この成果から,トポロジカル絶縁体を用いた電子デバイスにおいて鍵となるp-n接合の作製と制御が可能となったことから,省エネ素子への応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,電子が質量を失って液晶になる物質を発見 2022年12月07日
  • 東北大,メタマテリアルでスピン流の制御に成功 2022年11月11日
  • 阪大ら,トポロジカル絶縁体の表面電子状態に新知見 2022年09月28日
  • 東大ら,反強磁性体で垂直2値状態を電流制御 2022年07月22日
  • 早大ら,ディラック電子系の光誘起相転移を解明 2022年07月22日
  • 東北大ら,スピン流による磁性体の体積変調に成功 2022年05月12日
  • 広島大ら,最速の線ノード型ディラック電子を発見 2022年03月03日
  • 理研ら,二次元ディラック電子の量子異常を実証 2022年01月28日