日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用

日本板硝子は,同社グループの「フル拡張現実ヘッドアップディスプレイ(AR-HUD)対応ガラス」が,メルセデス・ベンツのSクラス最新モデルに採用されていることを発表した(ニュースリリース)。

同社は高画質ディスプレーに対応する最先端で複雑なガラスを開発するため,独自のアドバンスドプレスベンディング技術(高精度プレス工法)をさらにグレードアップした。

この工法は,高温に熱したガラスを1枚ずつ型にあわせてプレス成形する曲げ加工法。ガラス自体の重力によって自然成形を行なう自重工法に比べ,ガラスを深く曲げるまたは立体的に曲げるような難しい成形や,ガラスに高い面精度が求められる場合に適しているという。

フロントガラスにはHUDの機能を補助すべく開発された凍結防止技術を採用。これは熱線を使わずソーラー反射技術でフロントガラスを加熱するもので,見えないヒーティングとも言えるもの。フロントガラスに使われることで車全体のソーラー反射が高まり,快適な車内を実現できるとする。

今回の採用は,世界初のAR-HUDという先端技術を実現するため,メルセデス・ベンツとパートナーとして長年培った信頼関係に基づくものだという。同グループは先進的なガラス技術に継続的に投資し,運転支援システムの急激な進化とともに高まるユーザーのニーズに対応する体制を整えていくとしている。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日
  • 日立Astemo,全周囲センシングシステムを発表 2022年10月25日
  • 国内メタバース市場規模,2026年度には1兆円超に 2022年09月28日
  • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
  • 東北大ら,レーザーと3D画像で埋設物を可視化 2022年07月29日
  • SSS,ToFを活用したAR開発用SDKを公開
    SSS,ToFを活用したAR開発用SDKを公開 2022年06月15日
  • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日
  • ソニー,モビリティ開発新会社を設立 2022年04月05日