【光フェア】ソリッドレイ,AR共有システムをデモ

光技術総合展示会「光とレーザーの科学技術フェア2023」(11月7日~9日 パシフィコ横浜)において,ソリッドレイ研究所(可視光・次世代レーザー応用ゾーン V-06)は,最新ヘッドマウントディスプレー(HMD)を使用したAR空間共有システムの展示およびデモを行なっている。

このシステムは,AR上に表示された同じ対象物を二人で同時に観察ができるというもの。自動車のエンジンなど複雑な構造を持つ対象物なども高精細に表示されるので,開発や検討などにおいて威力を発揮する。

使用するHMDは台湾HTCの「VIVE XR Elite」。片目あたり1920×1920と高精細なビデオシースルー型HMDとなっている。基本的にはこのHMDでの使用を想定するが,他社のHMDであっても対応は可能だという。

このシステムは同社VR空間構築ソフトウェア「moage(モアジ)」により,様々な物体のCADデータから3D像を生成するため,導入後は任意の物体のAR表示が可能だという。また,必要に応じたカスタマイズにも対応する。

現在,このシステムは2人用だが,同社では今後,同時により多くの人数でAR空間を共有できる製品を開発する予定だとしている。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,AR/VR向け小型イメージセンサー発売 2024年02月08日
  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 【光フェア】NTKJ,各種フレネルレンズを展示 2023年11月09日
  • 【光フェア】東栄電化,赤外線反射防止アルマイト展示
    【光フェア】東栄電化,赤外線反射防止アルマイト展示 2023年11月09日
  • 【光フェア】宇大,各種空中ディスプレーをデモ 2023年11月08日
  • 【光フェア】フローベル,画像鮮明化SWIRカメラ展示 2023年11月07日