JDI,VR/MR用超高精細ディスプレーを開発

ジャパンディスプレイ(JDI)は,ガラス基板ベースでは世界最高の精細度である,2.15型2527ppiのVR-HMD/MR-HMD用のディスプレーを開発した(ニュースリリース)。

VR-HMDで求められる没入感の向上のためには,鮮明で自然な画質と共に,視点を動かさずに見える範囲であるField of Viewや画面が正常に歪みなく見えるアイボックスの両立を目的とした2型クラスの画面サイズが必要となっている。

今回開発した超高精細ディスプレーは,同社のLTPO(Low-Temperature Polycrystalline Oxide)とCOA(Color filter On Array)技術を組み合わせることで,2型クラスで片目解像度3840×3840画素を実現した。これにより,従来のVR-HMDでは対策が不十分であったレンズ越しに画素のパターンが見えてしまう現象(screen door effect)を抑制し,より鮮明でリアルな映像体験が可能になるという。

この製品は注目度が高まっているMR-HMDにも適用可能。また,高精細ディスプレー市場において,同社の超高精細ディスプレーはコストパフォーマンスに優れ,幅広いニーズに対応できるとしている。

また,「DIC(Display Innovation China)AWARD 2024 国際ディスプレー技術イノベーション大賞」の最終審査結果が6月18日に発表され,この製品の受賞が決定した。受賞式は,7月3日中国・上海で行なわれる予定。

新製品の仕様は以下の通り。

表示モードLCD IPS
サイズ2.15 型
解像度3840×3840 画素
精細度2527ppi

その他関連ニュース

  • NSGと松竹,透明LEDビジョンの試験放映を開始 2024年07月17日
  • 【現地レポ】NHK技研公開,未来のテレビにまた一歩 2024年06月24日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • ams OSRAM,AR/VR向け小型イメージセンサー発売 2024年02月08日
  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日