シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設

シャープは,XRをはじめとする新規事業の開発拠点「SHARP XrossLAB」を東京都千代田区内神田に開設したと発表した(ニュースリリース)。

同社は,通信技術や小型・軽量化技術など,スマートフォンやモバイル機器の開発で培った技術やノウハウを活かし,XRをはじめとする新規事業の創出に取り組んでいる。

第一弾として,VRヘッドマウントディスプレーの今夏の商品化に向けた開発を進めており,同時にさまざまな分野における用途やソリューションの開発を,パートナー企業と連携して推進している。

開発拠点は,こうした動きを加速させるべく開設した。商品企画や開発のメンバーを配置し,技術・商品開発を行なうほか,営業拠点の役割も担うという。

さらには,アクセスの良さを活かし,パートナー企業との共創の場としても活用。開発中の技術やプロトタイプのデモンストレーションを交え,ユーザーが得られる体験や価値のイメージの共有を図りながら,さまざまな企業との共創に取り組むとしている。

その他関連ニュース

  • EX-Fusion,レーザーフュージョン研究施設を開設 2024年04月05日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日
  • ams OSRAM,AR/VR向け小型イメージセンサー発売 2024年02月08日
  • 三菱ガス化学,レンズモノマー設備新設と販売を開始 2024年01月24日
  • 富士フイルム,熊本に先端半導体材料の生産設備建設 2024年01月16日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日
  • トルンプ,宮城テクニカルセンターを開設・稼働開始 2023年12月08日
  • レゾナック,半導体後工程のR&D拠点を米に新設 2023年11月24日