SSS,車載カメラ用CMOSイメージセンサー商品化

ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)は,業界最多となる有効1,742万画素の車載カメラ用CMOSイメージセンサー「IMX735」を車載カメラ用に商品化すると発表した(ニュースリリース)。サンプル価格は30,000円(税込)。出荷時期は2023年9月予定。

この製品は,業界最多となる有効1,742万画素を実現したことにより,遠くの対象物でも高精細にとらえることができるという。

また,自動運転システムにおいては,車載カメラだけでなくLiDARなど他のセンシングデバイスと組み合わせて使用されることがあるが,通常のCMOSイメージセンサーは,画素から出力される信号を1行ずつ垂直方向に読み出すのに対し,この製品は1列ずつ水平方向に出力する方式を採用しているという。

これにより,この製品を搭載した車載カメラは,水平方向にレーザーを走査するメカニカルスキャン方式のLiDARと同期しやすく,自動運転システム全体として,検知・認識性能を向上させることが可能。

さらに,独自の画素構造と露光方法により飽和照度を改善したことで,HDR(ハイダイナミックレンジ)機能とLEDフリッカーの抑制機能の同時利用時においても,106dBの広いダイナミックレンジ,さらにダイナミックレンジ優先で設定した場合は130dBを実現した。

これにより,逆光などの条件下でも白飛びを抑制し,またトンネルの出入り口などの明暗差の大きい道路環境においても,対象物をより正確にとらえることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 北陽電機,ソリッドステート3D LiDARを発売 2024年05月22日
  • 東大ら,高精細・高感度なX線イメージセンサを作製 2024年05月13日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • 小糸の車載向け短距離LiDAR,OEMメーカーより受注 2024年04月12日
  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 横浜市,交通量調査のICT化実験に向けた提案を募集 2024年03月18日
  • ST,3D深度センシングを強化するToF測距センサ発表 2024年03月13日