ニュース

全12092件中 9291〜9300件目を表示

PR

従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ

アクロマティックレンズは,最も一般的に用いられる光学部品の一つ。このレンズは色収差を補正して,少なくとも二つの光の波長を同一焦点上に結ばせるために,歴史的に2枚のレンズ素子を接着固定する構成をとってきた。単一材料の非球面 […]
東大,壊死した細胞に対しエネルギーの浪費とそれにブレーキをかける仕組みを発見

東大,壊死した細胞に対しエネルギーの浪費とそれにブレーキをかける仕組みを発見

東京大学大学院薬学系研究科特任助教の小幡史明氏,同教授の三浦正幸氏らは,局所的かつ人工的にショウジョウバエの翅の細胞でネクローシス(細胞壊死)を引き起こすことに成功し,その結果,ショウジョウバエの全身で自然免疫が活性化す […]
名古屋大学ら,人間が栄養吸収やイオン環境保持など生体機能を保持する仕組みを解明

名古屋大学ら,人間が栄養吸収やイオン環境保持など生体機能を保持する仕組みを解明

名古屋大学は,東京大学および大阪大学との共同研究で人間の体表面及び器官表面を構成する細胞同士の構造的なつながりを解析に成功。これまで謎とされてきた,恒常性(栄養吸収やイオン環境保 持などの生体機能)を保つ働きを持つ分子が […]
東大と住友化学,SiGeに歪みを加えて光信号への変換効果を増大することに成功

東大と住友化学,SiGeに歪みを加えて光信号への変換効果を増大することに成功

東京大学准教授の竹中充氏らは住友化学との共同研究により,歪を加えたシリコン・ゲルマニウム(SiGe,歪シリコン・ゲルマニウム)結晶中において,電子や電子が抜けることにより,正の電荷をもった正孔により誘起される屈折率や,吸 […]
理研ら,最後の時計遺伝子を発見

理研ら,最後の時計遺伝子を発見

理化学研究所(理研),広島大学,米国ミシガン大学は共同で,哺乳類の概日リズムをコントロールする新たな時計遺伝子「Chrono(クロノ)」を、ゲノムワイドかつ網羅的な解析によって発見した。昼夜の転写活性の振幅が大きいという […]
理研,ホフマイスター系列発現について新たなメカニズムを提案

理研,ホフマイスター系列発現について新たなメカニズムを提案

理化学研究所(理研)は,独自に開発した表面・界面に存在する分子を選択的に計測できる最先端の分光計測法を用いて,広い分野で重要とされているホフマイスター系列の発現メカニズムについてモデル界面を用いて調べた。その結果,陽イオ […]