2016年のeコクピット世界市場規模,62万5,000台

矢野経済研究所では,車載HMI/eコクピットの世界市場の調査を実施した(ニュースリリース)。

この調査におけるeコクピットとは,車載カメラとの連携,危険警告,ヘッドアップディスプレー(HUD)による緊急表示などを行う車載HMI(Human Machine Interface)システムを対象とした。

それによると,2016年のeコクピット世界市場規模はメーカー出荷数量ベースで,62万5,000台の見込み。2013年から2015年まではセンターディスプレーのカーナビゲーションおよびDA(ディスプレイオーディオ)が主流であり,2016年には第一世代eコクピットといわれるものが主に欧州の自動車メーカーから純正品として製品化されたが,まだ一部に留まっているという。

現行のeコクピットはセンターディスプレー,クラスタディスプレー,ヘッドアップディスプレー(HUD)の統合型だが,今後はモバイル端末との連携,近距離通信,デジタル地図,カーナビゲーション等の情報系と,先進運転支援システム(ADAS)を中心とする車両の制御系を融合させて表示する,eコクピットが実用化されるものとみる。

2016年から2022年までのeコクピット世界市場の年平均成長率(CAGR)は54.0%とみており,2022年には833万6,000台まで拡大するものと予測する。今後,eコクピットは自動運転システム搭載車の普及に伴い,増加していくものとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,2輪用安全装置でイスラエル企業と協業 2022年10月26日
  • 日立Astemo,全周囲センシングシステムを発表 2022年10月25日
  • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
  • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日
  • ソニー,モビリティ開発新会社を設立 2022年04月05日
  • 東芝,手のひらサイズLiDARで300m測距に成功 2022年03月18日
  • ヴァレオ,自動運転システムでホンダから感謝賞 2022年03月03日
  • SteraVision,世界初ソリッドステートLiDAR開発 2022年02月21日