2016年のeコクピット世界市場規模,62万5,000台

矢野経済研究所では,車載HMI/eコクピットの世界市場の調査を実施した(ニュースリリース)。

この調査におけるeコクピットとは,車載カメラとの連携,危険警告,ヘッドアップディスプレー(HUD)による緊急表示などを行う車載HMI(Human Machine Interface)システムを対象とした。

それによると,2016年のeコクピット世界市場規模はメーカー出荷数量ベースで,62万5,000台の見込み。2013年から2015年まではセンターディスプレーのカーナビゲーションおよびDA(ディスプレイオーディオ)が主流であり,2016年には第一世代eコクピットといわれるものが主に欧州の自動車メーカーから純正品として製品化されたが,まだ一部に留まっているという。

現行のeコクピットはセンターディスプレー,クラスタディスプレー,ヘッドアップディスプレー(HUD)の統合型だが,今後はモバイル端末との連携,近距離通信,デジタル地図,カーナビゲーション等の情報系と,先進運転支援システム(ADAS)を中心とする車両の制御系を融合させて表示する,eコクピットが実用化されるものとみる。

2016年から2022年までのeコクピット世界市場の年平均成長率(CAGR)は54.0%とみており,2022年には833万6,000台まで拡大するものと予測する。今後,eコクピットは自動運転システム搭載車の普及に伴い,増加していくものとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,自動運転用3次元ツールを開発・無償公開 2022年01月24日
  • オンセミ,車室内分析ソフト企業と協業 2022年01月07日
  • ヴァレオのLiDAR,新型ベンツに搭載 2021年12月14日
  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • パナのHUD,トヨタの新型「アクア」に採用 2021年09月29日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日