光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術

◆西村 康宏(ニシムラ ヤスヒロ)
慶應義塾大学 理工学部 物理学科 准教授

2007年 東京大学大学院情報理工学系研究科京都大学理学部卒業。
東京大学大学院理学系研究科修士・博士課程修了。
福岡県北九州市に生まれ,物理を専攻して素粒子・宇宙線実験に携わってきた。
スイスのポールシェラー研究所で,素粒子のミューオン崩壊から新たな物理を探るMEG実験を行ない,博士(理学)を取得。
2011年からスーパーカミオカンデを使ったニュートリノ研究を行なってきた。
次世代のハイパーカミオカンデ用に大型光検出器を開発し,その建設を推進している。

2度のノーベル賞獲得につながった,カミオカンデ,スーパーカミオカンデに続くニュートリノ検出器,ハイパーカミオカンデの建設がいよいよ始まった。

素粒子を観察する「顕微鏡」であると同時に,太陽や超新星爆発を見る「望遠鏡」でもあるこの装置は,新たなに開発された4万本もの光電子増倍管が,超純水をたたえる深さ71mの超巨大水槽の壁面を埋め尽くす。飛騨の山々の地下深く,天空から降り注ぐ微かな信号は私たちにどんな真実を見せてくれるのだろうか。

今回,慶応義塾大学准教授の西村康宏氏に,ハイパーカミオカンデの概要とそこで使われる光電子増倍管について話を聞かせて頂いた。ハイパーカミオカンデもまた,ノーベル賞級の発見が期待されている。そこで主役となる光技術に今一度注目したい。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
  • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
  • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
  • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
  • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
  • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日