金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは

◆小池 綾(コイケ リョウ)
慶應義塾大学 理工学部 助教

1989年,静岡県生まれ。2013年9月,慶應義塾大学大学院 理工学研究科修士課程修了,学振特別研究員として同研究科の博士課程に所属し2016年3月に修了。博士(工学)。2016年4月から現在,慶應義塾大学 助教。生産技術の研究に従事しており,現代制御工学を応用したプロセスモニタリング技術の開発や,レーザー金属3Dプリンタのプロセス解析に注力している。

3Dプリンターが注目されて久しいが,特に金属を積層造形する金属3Dプリンターにおいて,いつの間にか日本の技術はその遅れが指摘されるようになった。

実際,海外では金属3Dプリンターを生産現場に導入し,量産を開始したというニュースも聞くようになったが,日本ではこうした動きは鈍いように見える。

今回,新進気鋭の金属3Dプリンター研究者である,慶應義塾大学の小池 綾氏に話を伺った。インタビューを通して見えてきたのは,日本の産業の保守的なスタンスだ。一方で氏が研究する3Dプリンティング技術は,金属製品に新たな付加価値を与え,日本の産業に再び栄光をもたらす可能性を秘める。若き研究者が目指す,新たな産業像に大いに期待がかかる。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • 光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術 慶応義塾大学 西村 康宏 2020年12月11日
  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日
  • 日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る 東京工業大学 渡辺 義浩 2020年10月20日
  • 全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは (国研)産業技術総合研究所 雨宮 邦招 2020年10月05日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日