半導体レーザーに見る光技術のイノベーション ─日米の違いがもたらしたものは

◆清水 洋(シミズ ヒロシ)
一橋大学大学院商学研究科・イノベーション研究センター・准教授

1973年横浜市生まれ。2007年ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス・アンド・ポリティカルサイエンス(Ph. D)。アイントホーヘン工科大学ポストドクトラルフェローを経て,2008年9月より一橋大学イノベーション研究センター専任講師,2011年4月より現職。『ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション −半導体レーザーの技術進化の日米比較』にて,第59回日経・経済図書文化賞を受賞。

「スピンアウトは本当にイノベーションを促進するのか−」。一橋大学准教授の清水洋氏は著書「ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション」の中でこう問いかける。

半導体レーザーで繰り広げられた熾烈な開発競争において,スピンアウトの有無がその結果に大きく作用したという氏の主張は,膨大な時間を掛けて行なわれた聞き取り調査によって裏付けられていく。

その数は国内外の半導体レーザーの研究者を中心に延べ178人を数える。そこから見えてきたのは,時に僅かな差が勝敗を決した研究者たちのドラマでもある。

本書は半導体レーザー開発の過程において日米で起きていた舞台裏を,技術的背景も含めて丁寧に解き明かしている。経営学のテキストとしてはもちろん,新たなイノベーションの指針として,また開発史の読み物としても貴重な一冊である。

今回は著者の清水氏に,本書を通じて訴えたかったこと,また日本の現状と将来に描くべきヒントを聞いた。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
  • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
  • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
  • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
  • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
  • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • 光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術 慶応義塾大学 西村 康宏 2020年12月11日