アストロン,クリーニング用レーザーを発売


アストロンは,中国JPTオプトエレクトロニクス社のレーザクリーニング用ナノ秒パルス(MOPA式)200Wファイバーレーザー「YDFLP-200-M7」の販売を開始した(製品ページ)。概算価格は490万円。

パルスエネルギーが10mJと極めて高く,高エネルギー密度でレーザー洗浄ができる。さらに,通常のファイバーレーザーに比べてM2値が10と非常に大きいので,ビームの強度分布が比較的均一であり,均一な洗浄効果が期待できるとしている。

この製品の主な特徴は以下のとおり。
・波長:1064nm
・パルス幅:2~500ns
・パルスエネルギー:10mJ
・ビーム品質(M2):10
・ビーム径:7mm
・繰り返し周波数:1~4,000kHz
・冷却方式:空冷(ファン内蔵)

その他関連ニュース

  • 光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機 2020年12月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 光響,100Wレーザークリーナーをリニューアル 2020年11月25日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • 島津,スペクトラムアナライザを発売 2020年11月09日
  • NTTら,世界最速の直接変調レーザーを開発 2020年10月20日