SP,アト秒科学向け新技術を発表

米MKS Instrumentsは,非常に安定した超短パルス再生増幅器で,記録的な低CEPノイズを実現する最先端のキャリアエンベロープ(CEP)安定化機能を備えたSpectra-Physics「CEP6テクノロジー」を発表した(ニュースリリース)。

市場にて成功を収めているSpectra-Physics「SpitfireAce超短パルス再生増幅器」に使用する事で,「CEP6」は長時間の連続動作にわたって<100mrad(10ショット平均)および<300mradのシングルショットという前例のないCEP安定性を備えた>5mJ,<25fsパルスを実現しており,最先端のアト秒(10-18秒)科学および高調波発生アプリケーションに適しているという。

「CEP6」はf-to-2f干渉計を利用して,「Element2発振器」の出力オクターブスパンを通じてキャリア周波数を測定。従来のCEP安定化発振器が,生成されたエラー信号をプリズムへの機械的制御やポンプレーザー出力の調整を通して発振器にフィードバックする手法とは異なり,特許出願中の「CEP6フィードフォワードアプローチ」はこの要件を低減し,再生増幅器に拡張する技術で,これにより,システムは外部変動に対する感度が大幅に低下し,安定した低CEPノイズ動作を長時間実現する事ができるとしている。

この製品はスペクトラ・フィジックスが,日本国内にて販売する。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・記録的な低CEPノイズ<100mrad(10ショット平均)(長時間の連続動作にわたって<300mradのシングルショット)
・CEPフィードフォワード技術
・<25fsパルス持続時間,>5mJエネルギー
・前例のない長期安定性

この製品の主なアプリケーションは以下のとおり。
・アト秒科学
・高調波発生
・時間分解分光法

その他関連ニュース

  • 島津,青色半導体レーザー光源で世界最高6kWを達成 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 阪大ら,2光子衝突による電子・陽電子対生成を発見 2023年08月21日
  • フォトテクニカ,超短パルス生成モジュールを発売 2023年07月31日
  • ウシオの700nm帯LD,Innovation Award受賞 2023年07月03日