光技術がつくる自動運転の未来 ─期待されるその社会的価値

◆大前 学(オオマエ マナブ)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授

2000年 東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻修了(博士(工学)),同年 慶應義塾大学環境情報学部助手に着任,2013年より現職。専門分野は機械工学(機械力学・制御)。研究対象は車両追従型の自動操舵制御,GPSを用いた自動運転や隊列走行など。文部科学省科学技術振興調整費「コ・モビリティ社会の創成」やNEDO「エネルギーITS推進事業」などの自動運転に関連する大型プロジェクトにも参加。

自動運転技術には様々なプレイヤー達が参入を次々と表明し,開発競争は過熱の一途をたどっている。基幹産業である自動車業界で主導権を握ることができれば,そのインパクトは計り知れない。

自動運転で重要となるセンシングの方式には,主にミリ波レーダー,カメラ,そしてレーザーを用いたLiDARがある。今回は自動運転技術における光学技術について慶應義塾大学教授の大前学氏に話を聞いた。

我々が消費者の目線で「自動運転」と聞いたときイメージするのは,目的地を告げるだけで車がそこまで勝手に連れて行ってくれる,というものではないだろうか。

しかし大前氏は,こうした自動運転技術の方向性に疑問を呈する。現在の技術の延長線上に本当に安全な自動運転車が存在するのか。それよりもこの技術が実現するもっと別の社会があるのではないか。

新たな切り口で自動運転を捉えたとき,そこにはもっと別の風景が見えてくる。光技術はそれに資することができるのであろうか。その期待は大きい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
    • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
    • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日