カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈

カネカは,1月22日に東京国立博物館と,カネカ有機EL照明の寄贈に関する基本合意を締結したと発表した(ニュースリリース)。

東京国立博物館は,1872年に創立された日本で最も長い伝統のある博物館であり,日本を中心として広くアジア諸地域にわたる文化財について,収集,保存,管理,展示,調査研究,教育普及事業などを行なっている。

近年,環境規制にともない蛍光灯から他照明への切り替えが検討される中,蛍光灯照明器具の安定調達や文化財の演色性,保存性が課題となっていた。

今回寄贈する同社OLED照明は,①面発光のやわらかい光により影ができにくく視認性が高い,②紫外線の発生がなく発光に伴う熱量も少なく作品の保存に優れるといった特長を持っており,博物館が抱える様々な照明課題の解決に貢献できると考えているという。

また,この寄贈にあたり,今後美術館や博物館に相応しい照明について東京国立博物館と共同研究を行なっていくとしている。

その他関連ニュース

  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日
  • 2040年LED照明応用製品の国内市場,3261億円に 2023年12月13日
  • 群馬大ら,OLEDの特性に直結する分子配向を制御 2023年12月11日
  • ams OSRAM,超高輝度LEDにRGBバージョンを追加 2023年12月11日
  • ams OSRAM,明るさを向上した自動車前照灯LED 2023年11月24日
  • 近畿大ら,第3世代円偏光有機発光ダイオードを開発 2023年10月23日