カネカの太陽電池,プリウスPHEVに採用

カネカは,同社が開発した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)が,トヨタ自動車の「新型プリウスPHEV」のルーフガラス部分に採用されたと発表した(ニュースリリース)。 

今回採用された製品は,同社の世界最高水準の変換効率を誇る結晶シリコン太陽電池技術(結晶シリコン太陽電池として世界最高水準の変換効率26.7%を達成)を用いており,また表面に配線のないバックコンタクト構造によって,自動車用ガラスに近い意匠性を実現した。

これら同社独自技術による高い変換効率と優れた意匠性に加え,曲面状の設計による自動車ボディへの装着が可能となった点が評価され,トヨタbZ4Xに続き,今回の太陽電池が採用されることになったという。

これはプリウスにおける第2世代の「ソーラー発電システム」となるもので,トヨタによると1年間でEV走行1,250km分に相当する電力を生み出すという。また,充電スタンドがない駐車場や災害等で停電した場合でも,太陽光さえあれば充電ができる。

ソーラーパネルで発電した電力は,駐車中は駆動用バッテリーへ充電し,走行だけでなくエアコンなどさまざまな機能に電力を供給する。走行中は補機バッテリー系統に給電することで駆動用バッテリーの消費を低減するとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日
  • カネカと大成建設,太陽電池モジュール販売会社設立 2024年04月17日
  • 宮崎大とソーラーフロンティア,太陽電池で共同研究 2024年04月16日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 東工大,高性能シリコン太陽電池製造手法を安全化 2024年03月14日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日