カネカと大成建設,太陽電池モジュール販売会社設立

カネカと大成建設は,2019年に両社にて共同開発した建物の外壁や窓と一体化させた太陽電池モジュールで発電する外装発電システム「Green Multi Solar」を販売する共同事業を目的とする「G.G.Energy」を設立し,4月より本格的に営業を開始すると発表した(ニュースリリース)。

両社はこの合弁会社を通じ「Green Multi Solar」の販路拡大,普及・促進を図ることを目的としている。今後,新築及びリニューアル物件の創エネルギー技術として,環境意識の高い企業や官公庁施設などに対し,この製品を積極的に提案していくとしている。

その他関連ニュース

  • 京セラら,軽量太陽光発電システムの実証実験を実施 2024年06月13日
  • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日
  • 宮崎大とソーラーフロンティア,太陽電池で共同研究 2024年04月16日
  • 東レエンジとアドバンテスト,マイクロLEDで協業
    東レエンジとアドバンテスト,マイクロLEDで協業 2024年04月15日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 東工大,高性能シリコン太陽電池製造手法を安全化 2024年03月14日