東京都港湾局と東芝,ペロブスカイト太陽電池を検証

東京都港湾局と東芝エネルギーシステムズは,「次世代型ソーラーセルの有効性検証事業に関する協定書」を締結し,8月28日より,臨海副都心において次世代型ソーラーセルの室内環境における有効性の検証事業を開始する(ニュースリリース

東京都港湾局は,事業者や研究機関と連携し,臨海副都心において先駆的な脱炭素化に取り組んでいる。この事業では,オフィスビル内などでの活用を見据え,室内環境等における発電継続性や耐久性を検証する。

検証に使うペロブスカイト太陽電池によるフィルム型モジュールの次世代型ソーラーセルは,東芝グループが開発した技術を使用する。発電効率16.6%と,プラスチック基板上に形成される受光部サイズ400cm2以上のフィルム型モジュールの次世代型ソーラーセルにおいて,世界最高水準の発電効率を実現しているという。

検証事業は,フィルム型モジュールの次世代型ソーラーセルを建物内に曲面設置し,室内環境等(LED照明等)での発電継続性や耐久性の確認を行なう。東京都港湾局は,企画・調整,都有地の提供,事業の発信等を行ない,東芝エネルギーシステムズは,有効性の検証,データ収集,分析及び評価等を行なう。

実施場所は,東京都江東区青海二丁目5番地内臨海副都心青海地区(都有地C2区画内の建物内),期間は令和6年8月28日から令和9年3月31日までとなっている。

その他関連ニュース

  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の実験を開始 2024年07月23日
  • PXPら,曲がる太陽電池で研究開発プロジェクト採択 2024年07月16日
  • NIFSら,ナノ秒紫外レーザーでPVにナノ構造を形成 2024年07月11日
  • 【解説】伸縮可能な太陽電池が衣服を電源化する? 2024年07月01日
  • キヤノン,ペロブスカイトPV向けの高機能材料を開発 2024年06月20日
  • 京セラら,軽量太陽光発電システムの実証実験を実施 2024年06月13日
  • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日