NEC,光海底ケーブル敷設船をチャーター

NECは英Global Marine Systems Limited(GMSL)と,約4年間にわたる光海底ケーブル敷設船のチャーター契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

同社は,50年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛けており,海底ケーブル・海底中継器・陸上の端局装置などの製造,海洋調査とルート設計,据付・敷設,訓練から引渡試験まで,すべてをシステムインテグレータとして提供してきた。

海底ケーブル敷設船はこれまでプロジェクト毎に調達してきたが,昨今の5G普及や各国のデータセンター間でのデータ通信量の増大と,それによる海底ケーブルの敷設需要の拡大に対応するため,同社として初めて専用で使用できる敷設船を長期チャーターした。

チャーターしたNormand Clipper(ノーマンドクリッパー)は,ノルウェー船籍の敷設船で,全長は127m,ケーブル積載量は5,000トン(般的なケーブル構成で約7,000kmの積載が可能 )となっている。

同社では今回のチャーターにより,今まで以上にタイムリーかつ柔軟に海底ケーブルシステムを提供し,顧客の需要に応えていくとしている。

その他関連ニュース

  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • 三菱ガス化学,レンズモノマー設備新設と販売を開始 2024年01月24日
  • 富士フイルム,熊本に先端半導体材料の生産設備建設 2024年01月16日
  • トルンプ,宮城テクニカルセンターを開設・稼働開始 2023年12月08日
  • レゾナック,半導体後工程のR&D拠点を米に新設 2023年11月24日
  • トルンプ,エレクトロニクス事業部戦略を発表
    トルンプ,エレクトロニクス事業部戦略を発表 2023年10月27日
  • ギガフォトン,生産棟の新社屋が竣工し生産能力増強 2023年10月18日
  • 浜ホト,IT開発室を開設し画像計測機器事業を強化 2023年09月27日