富士フイルム,熊本に先端半導体材料の生産設備建設

富士フイルムは,電子材料事業をさらに拡大するため,熊本拠点に約60億円の設備投資を行なうと発表した(ニュースリリース)。

イメージセンサーは,光を電気信号に変えて映像化する半導体で,デジタルカメラやスマートフォンなどに搭載されている。近年,自動車やセキュリティ機器などへの用途がますます広がる中,イメージセンサー市場は年率約7%で成長することが見込まれているという。

同社は,イメージセンサー用カラーフィルター材料を静岡と台湾の新竹で生産している。また,韓国(平沢)でも同製品の工場の建設を進めるなど,生産拠点を拡充している。

さらに,高度な機能性分子技術やナノ分散技術などを生かして,可視光領域にとどまらず,広範囲な波長領域をターゲットとした製品の開発と市場導入を促進。Wave Control Mosaic(WCM)として製品展開を図り,ビジネス拡大を進めているという。

今回,富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ(FFEM)が,熊本県に立地する同社生産子会社の富士フイルムマテリアルマニュファクチャリング九州エリア(FFMT九州)に,イメージセンサー用カラーフィルター材料の生産設備を導入する。

クリーンルームを設置するとともに,最先端の検査機器を導入し,品質保証体制を構築。静岡拠点と同様の生産・品質保証体制とし,BCP対応をさらに強化することで,より安定的な供給を目指す。

この設備は,2025年春の稼働を予定しているほか,FFMT九州では,半導体製造プロセスの基幹材料であるCMPスラリーを生産する最新鋭設備を2024年1月中に本格稼働させる予定だという。

その他関連ニュース

  • 三菱ケミ,EUV向け感光性ポリマー生産能力を増強 2024年06月17日
  • DNP,第8世代向けメタルマスク生産ラインを稼働 2024年06月13日
  • 日本電気硝子,ガラスセラミックスコア基板を開発 2024年06月05日
  • 【解説】環境配慮を意識した技術・製品開発へ―GaN成長技術にも有毒ガス排除の動き 2024年06月04日
  • 三井化学, EUV露光用CNTペリクルの生産設備を設置 2024年06月03日
  • 東大ら,DUVレーザーで半導体基板に3μm穴あけ加工 2024年05月31日
  • AnsysとTSMC,最先端半導体向けソフトで協業 2024年05月14日
  • EX-Fusion,レーザーフュージョン研究施設を開設 2024年04月05日