MORESCOら,太陽電池のタペストリーを発売

MORESCOは,サイン&ディスプレーを手掛けるタテイシ広美社,電装部品や工業資材等を取り扱う東海理化クリエイトと共同で,有機薄膜太陽電池(OPV)を利用したタペストリー「PRICELL」を開発,販売することを発表した(ニュースリリース)。

この製品は,OPVの薄くて軽く,曲げられる特性により,容易に設置でき,室内でも発電可能。デザイン等を印刷したOPVをタペストリーとして使用できるという。

また,装飾品として優れているだけでなく,太陽光で発電した電力をタペストリー用の照明等の電力として使用することが可能。さらに,印刷対象や色・サイズ等を選択できるため,使用環境や目的に合わせてオーダーメイドで作成することができ,様々な場所への設置が可能だとしている。

OPVは従来のシリコン太陽電池に比べ,製造時に発生する二酸化炭素の量が約5分の1と非常に少ないため,太陽電池の中でもさらにエコな太陽電池だとし,3社はOPVの低炭素化製品の普及活動を通して,持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • 広島大,三元系高分子太陽電池の安定性向上に知見
    広島大,三元系高分子太陽電池の安定性向上に知見 2022年04月21日
  • 理科大,PVとワイヤレス給電で実車走行に成功 2022年03月24日
  • 名大ら,大量生産可能なCNTで透明電極を作成 2022年03月15日
  • 京大,有機薄膜太陽電池の発電機構を解明 2022年02月24日
  • 三菱マテ,NEDOの太陽電池PJに参画 2022年02月02日
  • 名大ら,導電性の高い酸化シリコン保護膜を実現 2022年01月31日
  • 2035年太陽電池世界市場,10兆1,661億円に 2022年01月12日
  • NAIST,高分子太陽電池の添加剤の働きを可視化 2021年12月27日