ソーラーフロンティア,CIS太陽電池の製造終了

出光興産は,同社100%子会社のソーラーフロンティア(SF社)について,主力工場である国富工場におけるCIS薄膜太陽電池の製造を終了し,次世代型システムインテグレーターへの転換を図ると発表した(ニュースリリース)。

第6次エネルギー基本計画(案)において再生可能エネルギー,とりわけ太陽光発電の拡大が示されているが,我が国が太陽光発電を主力電源化していく上で,①設置場所の限界,②発電所の長期安定利用と太陽電池パネルの大量廃棄,③系統電力システムの需給安定化への影響という3つの問題がある。

SF社はCIS太陽電池を製造・販売する唯一の企業であったが,汎用太陽電池パネルは熾烈な価格競争に陥っており,研究・製造に投入している経営資源を成長分野にシフトし,この3つの社会課題に具体的な解決策を提示できる次世代型システムインテグレーターへの転身を目指す。

今後,CIS薄膜太陽電池の研究開発は出光興産次世代技術研究所に集約し,CISの高付加価値化を目指した次世代太陽電池の研究開発を加速する。具体的には①CISの「高放射線耐性」という優位性を活かせる宇宙空間用途,②電動自動車や通信用ドローンといった移動体への搭載が期待されるタンデム型太陽電池への活用,などだという。

国富工場におけるCIS薄膜太陽電池の製造終了に伴い,SF社の太陽電池事業は結晶シリコン系太陽電池のOEM調達へと移行する。同工場は引き続き国富事業所として一部のコーポレート機能を保有しながら,SF社が次世代型システムインテグレーターに転換していく上での中核的拠点として,以下の役割を担う。

①太陽光発電システムの販売支援・品質保証・アフターメンテナンス
②エネルギーマネジメントシステムと発電所評価のためのデータ分析・解析
③エネルギーマネジメントシステムの実証・開発
④O&M技術開発
⑤太陽電池パネルリサイクル

なお,国富工場の一部社員については,グループ内他事業所への異動等を予定しているという。

その他関連ニュース

  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日
  • カネカと大成建設,太陽電池モジュール販売会社設立 2024年04月17日
  • 宮崎大とソーラーフロンティア,太陽電池で共同研究 2024年04月16日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 東工大,高性能シリコン太陽電池製造手法を安全化 2024年03月14日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • DNP,両面採光太陽電池の発電を向上するシート発売 2024年03月07日