【OPIE】ウシオ,安全なコロナ不活化光源を展示

光技術展示会「OPIE’21」展示会場で,ウシオ電機【ブースNo.A-39】は,コロナウイルスの不活化に有効な紫外線ランプ「Care222」を展示している。

この製品はエキシマランプに特殊な光学フィルターを組み合わせることで人体に有害な230m以上の波長をカットし,222nmに急峻なピークを持たせた,殺菌・抗ウイルス用光源。

新型コロナウイルスの不活化が実証されているUV-C LEDの260nm付近の波長は発がん性や火傷などの恐れがあり,人体に直接照射することは非常に危険だが,より短い波長である222nmは皮膚や眼球の表面で吸収され,体内まに届かないので安全性が高い。

実際に,人体に照射しても安全であることが証明されており,人が活動する日常空間における殺菌・抗ウイルス光源として期待が高い。製品発表以降,医療施設を中心に設置が進んでいたが,最近では野球場のベンチや放送スタジオといった場所での採用例もあるという。

今回,ブースでは,この光源を組んだ照明装置と,光源および点灯用インバータを展示している。他にも,医療や理化学用に適した白色レーザー光源や,各色の可視光レーザーなども紹介している。

その他関連ニュース

  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 産総研ら,超高速・高感度ウイルス検出法を開発 2022年05月19日
  • 名大ら,コロナを不活化するエアカーテンを開発 2022年05月18日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • ウシオら,手術部位への222nmの安全性を評価 2022年04月26日
  • 東大ら,高出力深紫外LED開発しコロナ高速不活化 2022年03月18日