旭化成ら,深紫外LEDで車両の空気殺菌する実証開始

旭化成と情報通信研究機構(NICT)は,深紫外LED(UV-C LED)を搭載した空気殺菌装置を用いて,静岡鉄道の車両にて実証試験を開始した(ニュースリリース)。

この試験は,環境省の「脱炭素社会に貢献する265nm帯高強度深紫外LED開発とウイルス不活性化・CO2排出削減効果実証」事業の一環で実施した。

深紫外LEDは,これまで紫外線殺菌に用いられてきた水銀ランプに比べ,小型で深紫外線を効率的に照射ができる。この試験に用いる空気殺菌装置は,縦型の装置で,深紫外LEDにより空気中のウイルスの不活性化を行なうもの。

この試験は,静岡鉄道の静岡清水線の車両に対して実施する。第一回目のオンサイト検証として,新静岡駅—新清水駅間において開催されたイベント電車において,空気殺菌装置を車両内に設置し,2日間の実証試験を行なった。

この実証事業では,深紫外LEDの特長を活かし,水銀ランプ品と同等以上の殺菌性能をより低消費電力で実現することで,公衆衛生の向上とエネルギー消費の低減,また,それによるCO2排出量の削減を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • EX-Fusion,レーザーフュージョン研究施設を開設 2024年04月05日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • NTTとオリンパス,クラウド内視鏡システムを実証 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 工学院ら,190~220nmで発光するUVランプを開発 2024年03月18日
  • 横浜市,交通量調査のICT化実験に向けた提案を募集 2024年03月18日
  • マクニカと東京都,ペロブスカイトPVで実証事業開始 2024年03月05日