JNC,韓国SKNと有機EL材料合弁会社設立

JNCは,有機EL材料の開発,販売を行なう子会社を設立するとともに,韓国SK Materials(SKM)との出資による有機EL材料の販売を行なう合弁会社,SK JNC JAPAN株式会社を12月に設立すると発表した(ニュースリリース)。

JNCは技術優位性を有している青色ドーパント及びその周辺材料の開発を進めているが,急成長を続ける有機ELディスプレー市場の要求に応えるため,意思決定と材料開発のスピードアップを図り,有機EL材料の事業拡大を目的に有機EL材料事業に特化したSK JNC JAPANを設立する。

JNCが保有する有機EL材料事業(製造機能を除く)をSK JNC JAPANへ移管し,同社グループが所有する当該事業で使用する設備をリースする。なお,SK JNC JAPANはSKMとの合弁会社であるSK JNCの傘下に入り,韓国パネルメーカーへの対応を強化していくという。

その他関連ニュース

  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • 三菱ケミら,有機EL材料の励起状態を量子計算 2021年05月26日
  • NHKら,有機ELの電子輸送材料を不要に 2021年05月14日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日