JNC,韓国SKNと有機EL材料合弁会社設立

JNCは,有機EL材料の開発,販売を行なう子会社を設立するとともに,韓国SK Materials(SKM)との出資による有機EL材料の販売を行なう合弁会社,SK JNC JAPAN株式会社を12月に設立すると発表した(ニュースリリース)。

JNCは技術優位性を有している青色ドーパント及びその周辺材料の開発を進めているが,急成長を続ける有機ELディスプレー市場の要求に応えるため,意思決定と材料開発のスピードアップを図り,有機EL材料の事業拡大を目的に有機EL材料事業に特化したSK JNC JAPANを設立する。

JNCが保有する有機EL材料事業(製造機能を除く)をSK JNC JAPANへ移管し,同社グループが所有する当該事業で使用する設備をリースする。なお,SK JNC JAPANはSKMとの合弁会社であるSK JNCの傘下に入り,韓国パネルメーカーへの対応を強化していくという。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • シャープとパイオニア,光ディスク事業の合弁を解消 2024年03月19日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日