エンプラス,LEDウイルス不活性化装置を開発

エンプラスは,新型コロナウイルス感染症と戦うために不可欠なマスク等医療防護用品を再利用せざるを得ない状況が生じている中,これらの防護用品向けにも使用可能なUVC-LED(短波長紫外線)を用いた殺菌装置を開発した(ニュースリリース)。

医療現場および介護の現場等では,マスク等を洗浄するといった再利用も行なわれているが,結果として,マスクフィルターの破損や,マスク表面の毛羽立ちなどの問題がある。

そこで同社はUVC-LEDを用いた水殺菌技術を応用し,マスク等医療防護用品向けにも使用可能なウイルス殺菌装置を開発した。この製品は,UVC-LEDに,同社独自の光束制御技術を用いた拡散レンズを使用することで,コロナウイルスの一種であるSARSコロナウイルスを10分以内に99.8%不活性化させることが期待できるという。従来品と比較して,短時間でウイルスの不活性化および殺菌を行なうことができる。

4月下旬より訪問診療を行なっている診療所の往診車に試作機を搭載し,性能確認を進めている。特に訪問先での移動時間を利用して車内で処理を行なうことでマスク等が感染源となるリスクが減ることが期待されているという。

同社では今後,多様なウイルスや菌に対して,どのような機能を持つか実証データを蓄積しながら商品化を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • エイブリックら,オーロラ観測用紫外線カメラ開発 2021年09月30日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日