大興製作所,SPOT光源の波長ラインナップを強化

大興製作所は,現在展開している「D-TERASU」のSPOT光源(高出力UV-LED照射モジュール)の取り扱い波長について,これまでの8波長から14波長に拡充することを発表した(ニュースリリース)。6月3日以降受注を開始し,順次納入を行なう。

背景として,これまで310~365nmの間は取り扱い波長が少なく,ラインナップの拡充については高照度化も併せて要望の声を多く寄せられていたという。これらの要望に対して,同社では水銀ランプの輝線に近い領域を中心に波長を追加することとなった。

同社は深紫外線領域を中心としたLEDによるSPOT光源を現在8波長(265~405nm)展開しているが,新たに6波長(285nm,313nm,330nm,335nm,345nm,395nm)を追加するという。また,併せて280nm,310nm,325nm,340nmの放射照度について更新するとしている。

これにより,先日展開したFar UVC-LEDも合わせると,16波長(235nm~405nm)となり,波長選択の幅が拡がることで,環境負荷の高い光源からの置き換えがしやすくなり,研究開発など幅広い利用シーンが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日
  • 【解説】青色半導体レーザーの高出力化が進展も,実用化にはビーム制御も重要 2024年05月22日
  • 豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発
    豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発 2024年04月22日
  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • ギガフォトン,最新ArF液浸光源機種を出荷 2024年04月02日
  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • ams OSRAM,コンパクトで汎用性に優れたLED発売 2024年03月13日