ams,世界最小のdToFモジュールを発表


オーストリアamsは,2cm~2.5mの範囲で正確に測定を行なう,世界最小のダイレクト・タイムオブフライト(ToF)距離測定向け統合モジュール「TMF8801」を発表した(製品ページ)。

競合するToFセンサよりも30%以上小型化されており(パッケージサイズは2.2×3.6×1.0mm),限られた空間での設計に適している。また,太陽光下での測定精度や可用性などの重要なパラメーターにおいて優れた性能を示す。通常,汚れた,または曇ったカバーガラスの下で正確に距離測定を行なうことは難しいが,オンチップでのヒストグラム処理を活用することで高精度の測定を保つという。

この製品は,VCSEL赤外線エミッター,複数のSPAD(単一光子アバランシェフォトダイオード)光検出器,タイムトゥデジタルコンバーター,ヒストグラム処理用のオンチップマイクロコントローラーを統合している。インダイレクトToFシステムで用いられる距離平均と比較し,この製品で使用されるダイレクトToF時間測定の手法は,より精度の高い真の距離測定を実現した。

また,レーザー検出オートフォーカス(LDAF)を使用しているため,より鮮明でフォーカスの合った画像があらゆる環境光条件下で得られ,カメラのフラッシュ輝度を正確に調整することで画質を向上させるという。

小型サイズと低消費電力を実現しており,スマートフォンの他,自律型掃除機や産業ロボットで用いられる高速測距の衝突防止検出機能にも適している。またモバイルコンピューティングなどディスプレーベースの製品に対してはユーザーの近接検出に使用でき,ユーザーの有無に応じて自動的にシステムを起動,または低消費電力のスリープモードへ切り替えることができるとしている。

その他関連ニュース

  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • ams OSRAM,ドットプロジェクタを発表 2021年07月06日
  • 3D
    ドコモら,点群データ活用のアライアンスを設立 2021年06月17日
  • オンセミら,AioT向けリファレンスデザインを発表 2021年05月31日
  • MOC,3月22日を「面発光レーザーの日」に登録 2021年05月13日
  • ソニー,LiDAR向けSPADセンサーを開発 2021年03月02日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日