キヤノン,320万画素SPADセンサー搭載カメラ発売

キヤノンは,世界最高画素数の約320万画素1.0型SPAD(Single Photon Avalanche Diode)センサーを搭載したレンズ交換式超高感度カメラ「MS-500」を,2023年8月下旬に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

新製品は,最低被写体照度0.001luxを達成した,世界初のカラー撮影用SPADセンサー搭載超高感度カメラ。超望遠性能を有する放送用レンズと組み合わせて使用することで,闇夜でも数km先の被写体を鮮明に撮影することが可能。

SPADセンサーは,画素に入ってきた光の粒子(光子=フォトン)を数える「フォトンカウンティング」という仕組みを採用している。入射した光子が電荷に変換される際,瞬時に約100万倍に増倍して大きな信号として取り出すことができるため,微量の光でも検出が可能。

また,これら光子一つひとつをデジタルに数えるため,読み出しの際にノイズが混入しないことも大きな特長。これにより,0.001luxの低照度環境下でもカラーで鮮明な撮影を実現する。

レンズマウントは,放送用レンズで主流のバヨネットマウント(BTA S-1005B規格準拠)を採用している。超望遠性能に優れた放送用レンズが活用できるため,闇夜でも数km先の被写体まで確認できる。

夜間監視や遠方監視では,暗所特有のノイズや大気の揺れの影響による鮮明度の低下が発生しやすくなる。これに対して,用途に応じて画質設定の調整が可能なカスタムピクチャー機能に,シャープネス・ガンマカーブ・ノイズリダクションの設定を監視用途に最適化した「CrispImg2(クリスプイメージ2)」を標準搭載することで,昼夜を問わずに視認性の高い映像撮影が可能。

また,かすみ・もやの影響を軽減し,適正なコントラストに自動で調整する「かすみ補正」にも対応するなど,映像品質を向上する画像補正機能を搭載している。

同社は,「ME20/MLシリーズ」を含む超高感度カメラのラインアップを強化し,高度監視市場におけるさまざまな撮影ニーズに応えるとしている。

その他関連ニュース

  • NTTSportict,スポーツ向けトラッキングカメラ開発 2024年05月17日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • IDS,コンパクトなオートフォーカスカメラを開発 2024年02月05日
  • エビデント,顕微鏡用デジタルカメラを発売 2024年01月24日
  • 阪大ら,希少行動を撮るバイオロギングデバイス開発 2024年01月19日
  • 電通大,タンパク質視覚ニューロンで明暗錯視を検出 2023年12月27日
  • エドモンド,防水保護のIP67等級5GigEカメラを発売 2023年12月20日
  • Basler,短波赤外カメラに画素欠陥修正機能を追加 2023年11月24日