エプソン,スマートグラスを応用した消防装備を開発

セイコーエプソンは,日本消防設備安全センターが主催・運営する「G空間情報を利用した救助システム及び消防活動に関する検討会」に参画し,次世代の救助システムの消防救助用ウエアラブル機器として,同社のスマートグラス「モベリオBT-300」の技術を応用した「スマートマスク」と「スマートゴーグル」のコンセプトモデルを共同開発した(ニュースリリース)。

災害時,閉鎖空間に発生する濃煙や停電で視界が妨げられる環境下で,効率的かつ,安全な消防活動が行なえるよう,同社ではスマートグラスや赤外線カメラなど最新機器を活用して,周囲の状況や自分の状況が視認できる消防救助用マスク/ゴーグルの開発を進めてきた。

今回開発した「スマートマスク」は,無線により隊長の手元にある情報端末と交信を行なえる。隊長は,情報端末で隊員が置かれている状況を確認でき,現場情報の共有化が可能になる。グラスには,隊長からのテキストによる指示,赤外線カメラの映像,空気呼吸器の残量,時間経過及び方位が表示される。また,赤外線カメラの使用により,暗闇の中での要救助者の位置や高温場所の確認もできる。

「スマートゴーグル」は,「スマートマスク」と比べ,外観は軽装備仕様となっているが,グラス部分の情報表示機能は同一で,指揮隊の情報端末と無線交信もでき,現場情報の共有も可能だとしている。

その他関連ニュース

  • ドコモ,視野角120度VRスマホヘッドセット発売 2021年10月27日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • ドコモ,ARグラスを発売 2021年10月05日
  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • NEC,「バーチャル広告協会」を設立 2021年09月24日
  • 東北大,HMDに生じる遅延時間と精度を精査 2021年09月01日
  • 慶大,VRでのサイズ知覚と掴む運動の特徴を解明 2021年08月18日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日