凸版印刷,興福寺三重塔内部をVRで再現

凸版印刷は,鎌倉時代に再建された奈良の興福寺の国宝「三重塔」内部に極彩色の文様が広がる様子をデジタルで再現し,ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で体験できるVRコンテンツを製作した(ニュースリリース)。2016年8月26日(金)から興福寺で開催されている「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」の会場で公開している。

興福寺最古の建造物である国宝「三重塔」の塔内には,微細な千躰仏や極彩色の文様が描かれていたが,現在は経年劣化により剥落し,大部分が失われている。今回,凸版印刷は三重塔の内部を高精細にデジタル撮影し,38億4千万画素におよぶデータを取得。従来培ってきたVR技術を用いることにより,三重塔の内部に入って現在の塔内と千躰仏や文様を色鮮やかに再現した塔内とを360度鑑賞できるVRコンテンツを製作した。

特別公開では,三重塔の目の前でHMDを装着することで,目の前に見えている塔の内部に入り,彩色再現された往時の空間にタイムスリップしたかのような鑑賞体験をすることができるという。

関連記事「九州国立博物館と凸版,簡易型HMD用VRコンテンツを共同で開発

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,VR×視線追跡の認知症検査への有用性確認 2023年03月10日
  • SSS,スマホ用SPAD距離センサーを商品化 2023年03月07日
  • 日東電工,VR向けAOCケーブルの出荷開始 2023年02月14日
  • 2030年AR/VR表示機器の世界市場,7兆4,301億円に 2023年02月14日
  • シャープ,スマホ接続型VR用HMDを開発 2023年01月11日
  • エプソン,両眼シースルースマートグラスを発売 2022年10月06日
  • 国内メタバース市場規模,2026年度には1兆円超に 2022年09月28日
  • SSS,ToFを活用したAR開発用SDKを公開
    SSS,ToFを活用したAR開発用SDKを公開 2022年06月15日