XR機器国内出荷台数,49万6,000台の見込

矢野経済研究所は,国内外のXR(VR/AR/MR)及び360°動画市場を調査し,地域別世界市場,XR機器の製品別出荷状況などXR・360°動画市場の将来展望を明らかにし,XR(VR/AR/MR)対応のHMDとスマートグラスの国内出荷台数予測について公表した(ニュースリリース)。

それによると,2022年のXR(VR/AR/MR)対応のHMDとスマートグラスの国内出荷台数は合計で38万台。コロナ禍における人材不足などの影響で製造業,建設・建築業,医療分野などで教育や研修,実務トレーニングのアプリケーション需要が増加したことから,XR機器(HMD・スマートグラス)も好調であった。

これまでのXR機器(HMD・スマートグラス)は市場拡大を主導するまでには至らなかったが,2023年下期から2024年に掛けて米国大手企業から期待のかかる新製品が相次いで導入される予定だという。

これらの新製品は従来品と比較し大幅な性能向上はもとより,小型化,軽量化され,MR(Mixed Reality;複合現実)にも対応するものや,高価ではあるものの,最新の半導体やディスプレイを搭載し,様々なコンテンツの再生に対応し,モバイル端末等の関連機器との連携を図るものなど,いずれも消費者への訴求力が高い製品とみている。

こうしたXR機器の導入により,開発事業者によるアプリケーション開発が活発化する可能性が高く,国内のXR(VR/AR/MR)市場の本格的な立ち上がりに向けた環境整備が急速に進むことが期待されるとしている。

注目トピックとして,2023年のXR(VR/AR/MR)対応のHMDとスマートグラスの国内出荷台数は合計で49万6,000台を見込みだとした。

2023年は新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行により行動制限がなくなることから,更なる需要拡大を見込む。企業向けでは製造業,建設・建築業,医療,サービス業などで教育・研修アプリケーションの更なる利用が拡大する見込みだとする。

また旅行・観光,イベント関連での需要があると考える。消費者向けではVRゲーム,動画配信を中心に需要拡大が続き,テーマパークなどでの導入が拡大される見通しだという。

今後はXRとの親和性の高いメタバース(インターネット上に構築された3次元の仮想空間)に関心が高まるとみられ,XR市場拡大の一因になることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 農工大ら,コンタクトレンズディスプレーで公募採択 2024年04月19日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日