蝉が見る夏の光

ツクツクボウシが鳴き始めると,遊び呆けているうちに,未だ白紙の夏休み帳の存在が頭の片隅でずんずんと大きくなり出した子供の頃の夏の後半を思い出す。

ツクツクボウシに限らず,夏の思い出には蝉がつきものだ。それは,暑さを増強する鳴き声のせいであると同時に,「蝉は土から出ると一週間しか生きていない」という話に,過ぎゆくひと夏の儚さを感じるせいかもしれない。

最近の研究では,実際には蝉は成虫になってから数週間から1ヶ月くらい生きることがわかってきているらしい。そうは言っても,幼虫として土の中で暮らす期間が数年に及ぶことを考えると,蝉が光の中で暮らす期間がなんと短いことか。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 暗室のアクシデント 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年09月07日
    • 鵜の目鷹の目 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年08月02日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日