水底の線香花火

 
子供の頃は,風呂なんて好きではなかった。それなのに,今ではどうだろう。どんなに暑い日でも,シャワーではなく風呂に入りたい。湯船に入るときには「ふぅー」とか「はぁー」とか声を出し,心の中で「いやいやいや…」と訳の分からないことを呟きながら,地獄谷野猿公苑の猿のようにだらしなく弛緩するのだ。

湯に浸かることはもちろん楽しみだが,風呂には別の楽しみもある。何しろ,風呂場というのは家の中で唯一,水を自由に扱うことができる場所なのだ。さすがに,いまさらお湯をバチャバチャと飛ばして遊ぶようなことをするわけではない。

僕の楽しみは,風呂場の中で水が作り出す光の景色をじっと見ていることだ。例えば,水を貼った浴槽の底面に現れる,ゆらゆらと揺れるさざ波のようなパターンを見ているだけで飽きることがない。

 
   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 蝉が見る夏の光 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年10月06日
    • 暗室のアクシデント 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年09月07日
    • 鵜の目鷹の目 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年08月02日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日