コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて

◆秋吉 優史(アキヨシ マサフミ)
大阪府立大学 研究推進機構 放射線研究センター 准教授
平成7年3月 東京工業大学 無機材料工学科 卒業
平成9年3月 東京工業大学 原子核工学専攻 修士課程卒業
平成13年3月 東京工業大学 原子核工学専攻 博士課程卒業
平成13年4月 東京工業大学 原子炉工学研究所 講師(研究機関研究員)
平成14年3月 バージニア大学 材料工学科 Research Associate(この頃までの主な研究内容:透過電子顕微鏡による照射欠陥構造解析)平成14年10月 核燃料サイクル開発機構大洗工学センター 照射材料試験室 博士研究員
平成16年4月 京都大学 工学研究科 原子核工学専攻 助手(照射後セラミックス材料の熱拡散率評価,陽電子消滅法による照射時欠陥評価)
平成27年4月 大阪府立大学 地域連携研究機構 放射線研究センター准教授

今回のインタビューには大阪府立大学 研究推進機構放射線研究センター・准教授の秋吉優史氏にご登場いただいた。

秋吉氏は自身のWEBサイトに『コロナウイルスへの工学的対抗策についての考察』を立ち上げ,公開している。このサイトでは,コロナウイルスの不活化に有効な対応策からデータに基づいた紫外線,光触媒による有用性の検証などが詳細に解説されている。

秋吉氏はご自身が専門とする放射線の知見を活かし,ウイルスの不活化に至る紫外線,光触媒の特性の立証を進め,殺菌灯によるマスクや医療用手袋の滅菌処理,光触媒を応用した空気清浄機を自らで開発し,教育現場や医療機関に無償提供を行なっている。

そこで本誌編集部では,秋吉氏にコロナウイルスの不活化に有効とされる光技術の考え方,開発された製品,今後の研究の方向性について話を伺った。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
    • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日