光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料

◆柴田 雅史(シバタ マサシ)
東京工科大学 教授・博士(工学)

専門分野:コロイド界面化学,化粧品科学
1989    京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修了
1989〜2008 花王㈱研究員
1994〜1995 ベルギー・ナミュール大学 客員研究員
2008〜2011 東京工科大学 応用生物学部 准教授
2011〜   東京工科大学 応用生物学部 教授
趣味
フライフィッシング,阪神タイガース応援

化粧品業界は国内だけで約2兆円という市場を持つ巨大産業だ。少子化による需要減が懸念されているものの,アジアを中心とした海外への展開が本格化し,ここ数年は輸出額が輸入額を大きく上回り,今後も成長が見込まれる。

化粧品で光学効果が重要な役割を果たしているのは周知の通りだが,直接肌に触れるため工業的な材料をそのまま使うわけにはいかず,さらに最近では環境への配慮も求められるなど,その開発が一筋縄ではいかないのは想像に難くない。

そこで今回は,肌に優しい化粧品を研究する東京工科大学の柴田雅史氏に,化粧品に求められる光学的機能と,それを実現する材料について話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日