高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る

◆片岡 龍峰(カタオカ リュウホウ)
国立極地研究所 研究教育系 准教授

1976年,宮城県仙台市生まれ。2004年,東北大学大学院 理学研究科博士課程修了。博士(理学)。情報通信研究機構,NASAゴダード宇宙飛行センター,名古屋大学 太陽地球環境研究所で学振特別研究員ポスドク,理化学研究所 基礎科学特別研究員,東京工業大学 理学研究流動機構 特任助教を経て,現在,国立極地研究所 准教授。専門は宇宙空間物理学。2015年,文部科学大臣表彰 若手科学者賞受賞。著書に『オーロラ!』(岩波書店),『宇宙災害』(化学同人)など。2018年,NHKカルチャーラジオ科学と人間『太陽フレアと宇宙災害』講師。

「一度オーロラを見てみたい」そう願う人は少なくないだろう。光の羽衣が静謐な雪原に舞うとき,誰もが息をのむ光景が零下の夜空を覆うことは想像に難くない。その万人を魅了する神秘の輝きだが,科学的には解明されていない部分も少なくないという。

今回,オーロラ研究の第一人者である国立極地研究所の片岡龍峰氏に話を伺った。氏は様々なカメラ,特に高感度カメラを用いて,一見優雅なオーロラに隠された高速現象の正体に迫っている。

かつてオーロラは凶兆であった。中でも赤いオーロラは,事件や災いの前触れとして恐れられたという。人知を超えた不可思議な現象が神の怒りを連想させるのは,時代や洋の東西を問わない。

ところが現在,この迷信は現実のものになっている。我々は科学によってオーロラをも理解し始めた一方,科学に依存することで自らを「神の怒り」に晒すことになったのだ。今や生活とも密接なオーロラの研究。カメラで迫るその成果に期待がかかっている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日