光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは

◆笠原 誠(カサハラ マコト)
㈱五藤光学研究所 取締役 R&D主幹

昭和59年3月31日 東京電機大学工学部応用理化学科 卒業
昭和59年4月1日 ㈱五藤光学研究所 入社
平成13年5月21日 同社 R&D主任に就任
平成16年8月21日 同社 企画研究開発主幹 並びに デジタルコンテンツ主幹に就任
平成18年5月21日 同社 R&D主幹に就任
平成20年5月21日 同社 新規事業企画開発室 室長に就任
平成22年5月21日 同社 マニュファクチャリングカンパニー カンパニー長に就任
平成22年10月21日 同社 取締役に就任(現任)

理科の授業で訪れたプラネタリウムに感動を覚えた人も少なくないであろう。かくいう記者もその一人である。なにせ都会では見ることができない文字通りの「満点の星空」を,息をのむようなリアリティで再現するのはもちろん,異なる季節や年月,離れた場所の星空を,旅をするかのように椅子の上から見ることができるのだ。

さらには星の位置を指し示したり,星を結んだ線にイラストを重ねて星座の形を見せたりするような,実際の星空では不可能な解説もお手の物。最近ではプロジェクターの発達によりその表現力をさらに増しており,教育の枠を超え,エンターテイメントとしても認知されるようになっている。

もちろん,ドームの中央にそびえる投映装置も変わってきており,そこには光学技術の進歩も大きな役割を果たしている。今回,世界的なプラネタリウムメーカーである㈱五藤光学研究所を訪れ,その歴史や構造,最新のプラネタリウム事情について,同社取締役の笠原誠氏に伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
    • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日