光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは

◆増原 宏(マスハラ ヒロシ)
台湾・国立交通大学 講座教授

1968年 東北大学大学院理学研究科修士課程化学専攻修了
1971年 ‌大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程化学系化学専攻修了
1972年 大阪大学基礎工学部合成化学科助手
1984年 京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科教授
1991年 大阪大学工学部応用物理学科教授
2004年 大阪大学大学院生命機能研究科教授(兼任)
2005年 大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻教授
2007年 (財)濱野生命科学研究財団 主席研究員
2008年 紫綬褒章
2017年 瑞宝中綬章
日本化学会フェロー,光化学協会名誉会員,科学と芸術に関するベルギー王立フランダースアカデミー外国人会員等

今回のInterviewは日本を離れ,海外でレーザーを用いた研究をする日本人の姿に迫った。台湾・交通大学で教鞭を取る増原宏氏は,今回のノーベル賞受賞で一躍話題となった,光ピンセットの研究における日本の第一人者。大阪大学を定年後,請われて交通大学で研究と学生の指導を続けている。

増原氏の研究室がある新竹市は台北市から新幹線で40分ほどの距離に位置し,IT関連の工場や企業が集積していることから「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれている。サイエンスパークが置かれ,ディスプレーや半導体などのハイテク産業をけん引し,日本を脅かしてきた中核の地でもある。

そこから日本と台湾を見てきた増原氏の言葉は,台湾産業の力の源泉を理解する上で大きなヒントとなるものだ。また,学生を育てる仕事を真摯に続けるその姿には,大学における研究者のあるべき姿も見ることができる。誌面の都合上,全てを掲載できないのが残念だが,大変興味深いインタビューとなった。まずはご一読頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日