IT機器の将来を支えるデバイス,国産超小型光トランシーバーに注目!

◆藤田 友之(フジタ トモユキ)
アイオーコア㈱ 代表取締役社長

1978年 早稲田大学大学院修士課程了(電子通信)。
同年   日本電気㈱入社。中央研究所にてVLSICADの研究に従事。
1983年 米国U. C. Berkeley校客員研究員(1年半)。
1994年 研究部長(CAD,セキュリティ,符号理論,学習理論)
1999年 研究開発企画室長
2001年 関西C&C研究所統括マネージャ(生駒市)
2003年 NEC中国研究院副院長(北京市)
2005年 ユビキタス基盤開発本部長(モバイルスイカ等)
2007年 ビジネスイノベーションセンター長
2009年 技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)専務理事(2016年退任)
2017年 4月より現職。

2017年4月,NEDOのプロジェクト「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発」の一環として,PETRAが開発を進めてきた超小型光トランシーバー「光I/Oコア」を事業化するベンチャー,アイオーコアが設立された。

開発した光I/Oコアは,世界最小を謳う。サイズは5 mm角のもので,消費電力は5 mW/Gbps。サーバーなどのIT機器の超消費電力化を実現できるとともに,その動作可能温度は85℃が実証されている。

今年,光I/Oコアの本格的な生産が開始される予定で,データセンターの光化を後押しするキーデバイスとなる。今回のインタビューにはアイオーコア・代表取締役社長の藤田友之氏に登場していただき,起業の経緯,光I/Oコアの特長,今後の事業戦略などについて話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日