日本発のLiDARは世界を変えるか?─「見たいところだけを見る」デバイスの実現に挑む

◆上塚 尚登(ウエツカ ヒサト)
㈱SteraVision CEO

1981年東京工業大学を卒業。専門領域は光デバイス技術。日立電線(現 日立金属)に入社し,光通信デバイスビジネスを立上げた。社内ベンチャーのヘッドとして約100億までの部門に成長させた経験を持つ。
2013年,産業技術総合研究所に入所。シリコン導波路,光スイッチ,光センサーの研究開発に従事。
2016年,産総研で開発した光デバイスと光センサーをコア製品としたベンチャー企業(SteraVision)を設立。工学博士。

自動運転に向けた研究開発が進む中,その基幹技術となることが確実視される「LiDAR」に注目が集まっている。照射したレーザーの戻り光から周囲の物体の形状や距離を捉えることができるため,いわば自動車の「目」としての役割が期待されているが,実用化に向けてはまだ課題も多い。

中でも「低価格」と「信頼性」の両立は必須とされており,光源の数と可動部を減らすことが試みられている。海外ではこれらを実現するアイデアを掲げたベンチャーが次々に立ち上がっており,将来性のある技術は自動車メーカーによる出資や買収が進んでいる。

Velodyneに代表される,多数のレーザーを積んだ高価なLiDARは過去のものとなり,その開発は完全に新たなフェーズへと移行した。海外発のLiDARがクローズアップされる中,日本からも独自のビームステアリング技術「MultiPol」の実用化を進めるベンチャー,SteraVisionが産総研から立ち上がった。今回はその技術や計画について,CEOの上塚尚登氏に話しを伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日